認知症予防

身体と脳を同時に使うプログラム「コグニサイズ」を取り入れています

認知症は高齢者が最もなりたくないと考えている病気の一つです。認知症は日頃の交流やトレーニングで防ぐことができます。コミュニーケーション力を促進することで笑顔を増やすこと。これが認知症予防の第一歩です。メンバーさん同士やスタッフとの楽しい交流、会話で笑顔の重要性を取り戻し、会話を楽しみながら社会交流を行うことで心を豊かにしていきます。また、「コグニサイズ」を取り入れることで、脳と身体の活動の連携力を高め、得意なこと、好きなことを増やすことで身体の活動力をさらに高めていきます。

http://